貿易事務へ転職する際に確認しなければいけないこと

貿易事務へ転職する際に確認しなければいけないこと

男女

希望の雇用形態を必ず決めておく

正社員や契約社員など、求人票には必ず雇用形態が記載されています。同じ職場でも雇用形態によって、責任のレベルが異なりますし、どのような働き方になるのか違ってきます。これらを考慮したうえで、転職する際は、自身がどのような雇用形態で働きたいのか予め決めておいてください。

模型

月々いくらぐらい出費があるのか算出しよう

日々生きていくうえで、生活費がかかります。各々希望する給料の額は異なると思いますが、一ヶ月にどれくらいの生活費がかかっているのか確認してみましょう。そうすれば、一ヶ月で最低でもどれくらいの給料が必要なのか分かるようになります。

女性

希望する勤務時間や勤務エリアを決めておこう

貿易事務はほとんどの企業で、日勤となります。しかしながら、企業によって、何時から何時まで働くのか異なります。自身が働きやすいのはどの時間帯なのか決めておきましょう。また勤務するのであれば、通いやすいところで働きたいものです。通勤するのにそれほど時間がかからないエリアで働くのがよいでしょう。

男女

経営方針や職場環境をチェックしておく

自身に適した環境でないと、働くのが辛くなります。青森周辺には、貿易事務の求人がいくつかありますので、自身に合った環境なのかどうか確かめるために、企業のサイトの経営方針をチェックしておきましょう。また口コミサイトなどで、職場はどのような雰囲気なのかも確認しておくのも大切です。

雇用形態の違い

正社員

契約社員と違い、雇用期間が決まっていない雇用形態です。そのため、長く働くことができるのが大きなメリットでしょう。

契約社員

雇用期間が決まっている雇用形態です。雇用契約を結ぶ際に、どの期間働くのか決めます。また雇用期間以外にも、勤務時間や勤務地、業務内容など、様々なことを定めることになります。

広告募集中