女性

保湿化粧品で乾燥肌をケア|天敵から身を守る術を伝授

妊娠中の保湿ケア

クリーム

妊娠線は、肌の弾力が低下すると発生しやすくなります。従って、妊娠中は妊娠線専用のクリームなどを用いて常に肌を柔らかく保つのがベストです。妊娠線同様の症状は他の部位にも見られることがあり、注意が必要となります。

もっと読む

目元のシワに効果的な成分

目

目は人間の顔の中で最も印象的な部分です。目元にシワやたるみなどが現れやすいのは皮膚が薄いからです。ベーシックなケアと同時にシミやたるみなど悩み別なケアも必要です。目元美容液として効果のある成分は、ビタミンC誘導体とレチニールエステルという成分が配合されたものです。シワやくすみの解消に効果的です。

もっと読む

スキンケア用品の選び方

鏡を見る女性

洗顔には様々なタイプがありますので、肌質などに合わせて最適なものを選ぶようにしましょう。メイクをした時には、必ずクレンジングを行い、化粧品に含まれている油分などを取り除いてから洗顔をするようにしましょう。

もっと読む

対策方法

スキンケア

気をつけること

乾燥肌になるのは、体質もありますが、普段何気なくやっていることの中に原因が隠れている場合があります。例えばお風呂に入る際に、熱いお湯にしている人がいるのですが、これは避けておくに越したことはないので、温度は三十八から九度程度にしておくことをおすすめします。また、体をきれいにしたいからと、一生懸命洗ってしまうこともあるのでしょうが、その行為が乾燥肌を助長することになりかねません。というのも、皮脂が適度にあることで乾燥肌になるのを防いでいるのですが、それらを落とし過ぎてしまうと水分が蒸発して、やがてカサカサになってしまうというわけです。これらのことを気をつけるだけで、肌の状態が変わってくるかもしれないです。

使うと良いもの

何をやっても乾燥肌が改善しないのであれば、保湿化粧品に頼ってみるのも良い方法です。ただ、自分の肌に合った保湿化粧品を使わないと、逆に症状を進行させてしまうかもしれないため、慎重に選ぶようにしておきたいものです。まず、保湿化粧品を購入する前に、容器の裏や箱、説明書にある成分を確認してみましょう。セラミドやコラーゲン、レシチン、ヒアルロン酸といった文字があるのなら、試してみる価値はありそうです。肌が弱いと自覚していたり、過去に保湿化粧品を使用した際に刺激を感じた経験があるなら、アルコールなどが含まれているものは選ばない方が無難です。どうしても迷うのであれば、保湿化粧品の売り場にいるスタッフさんに相談しておくと良いでしょう。女性の天敵から身を守る術を知りましょう。