タクシードライバー希望なら適性を知っておこう

タクシードライバーは、お客さんを乗せて目的地まで送るのがお仕事です。専門性のあるお仕事のため、どのような人がこのお仕事に向いているのか、という適性があります。まずは、自分自身に適性があるかどうかチェックしてみましょう。

タクシードライバーに向いている人

運転手
no.1

記憶力が優れている

最もタクシードライバーとして向いていると言えます。タクシードライバーは、お客さんが指定したところへ送る必要があります。スムーズに目的地に着くために、建物の情報や交通情報に長けてないといけません。記憶力が高いと、必要な情報を瞬時に思い出すことができますので、効率よく仕事をすることが可能なのです。

no.2

人と接するのが好き

お客さんとコミュニケーションをとることも業務の一環です。接客が好きであれば、目的地に着くまでお客さんにとって快適な空間を作り出すことができます。そして、お客さんの顧客満足度の向上に繋がり利益もアップします。

no.3

ドライブ好き

タクシードライバーは、長時間運転することになります。長時間運転するとなると、かなり疲労が溜まっています。しかしながら、運転をすることが好きであれば、長時間の運転にもへこたれず、仕事をすることができるでしょう。

no.4

体調を滅多に崩さない

先述のとおり、タクシードライバーの仕事は長時間労働のため、疲労が蓄積しがちです。体調をうまく管理しないと、すぐに体調不良になってしまいます。そのため、体調を上手に管理することが要求されるのです。

no.5

真面目

タクシー会社の多くが歩合給を採用しています。そのため頑張れば頑張るほど、給料もアップします。お仕事をサボらずに真面目に頑張れる人は、適性があると言えるでしょう。

タクシー業界で働くための基礎知識[働くなら知っておく必要あり]

模型

二種免許は絶対必要!

普通の乗用車を運転するには、第一種免許の取得が必要です。しかしながら、タクシードライバーとして業務をするのであれば、第二種免許を取得することが絶対条件となります。第二種免許を取得するためには、第一種免許を取得する時と同様に教習所に通って取得することが可能です。なお、タクシー会社によっては、新人研修の一環として第二種免許を取得するための支援をしてくれるところもあります。

タクシー

地域によっては地理試験の合格も必須

通常は第二種免許を取得すれば、タクシードライバーとしての資格が得られます。しかしながら、東京の一部地域では、第二種免許と取得と併せて地理試験に合格することも要求されます。合格するにはハードルが高いですが、しっかりと勉強すれば大丈夫でしょう。また、地理試験を勉強する内容は、業務にも活かすことができます。

青森エリアの求人を公開中

[PR]
貿易事務に転職希望

タクシー会社に就職した人の感想

タクシー

給料がアップしました

前職は必死に働いている割には、中々給料が上がらなくて生活が苦しかったのです。思い切ってタクシードライバーに転職したら、前職よりも大幅に給料が上がり生活に余裕が出てきました。

休日も多いですよ

子供を育てているので、なるべく休みが多い求人を探していました。タクシードライバーは、ハードなイメージがありましたが、思ったよりも休みが多く助かっています。

毎日が充実しています

未経験のため、この業界で仕事を続けていけるのか不安でした。でもいざ業務をしてみると、地理を覚えるのが楽しく自分に向いている仕事だと思いました。仕事はやりがいありますし、給料も同世代の知り合いよりか稼ぐことができているので、毎日が楽しいです。

レジアウトソーシング化を進めよう

[PR]
良質な大道具求人を紹介中

[PR]
タクシー会社に応募

[PR]
東京で住み込みの仕事

自己prの方法を解説☆

広告募集中